×

CATEGORY

HOME»  展示会作品/glass exhibition artwork»  大槻洋介+塚原梢ガラス2人展»  塚原梢 酒器 花 (ガラス胎七宝)

塚原梢 酒器 花 (ガラス胎七宝)







ガラスと七宝を掛け合わせたガラス胎七宝の酒器です。

ガラスの透明感の中に、銀線の繊細な模様と鮮やかな色彩の美しい作品です。
ガラスの中で銀の繊細な線の煌めきもきれいです。

模様のデザインはオリジナルで、植物や雪の結晶などの自然から発想を得ているそうです。
若干軽めに出来ています。


【サイズ】幅53×奥行53×高さ45mm 容量40ml

専用の箱がついております。
    

模様は有線七宝で描き、サギングと研磨にて丁寧に成形されています。
【ガラス胎七宝・有線七宝】
ガラスの上に銀線で模様を形作り、色つきのガラスの粉を載せて焼き付ける技法
有線七宝は銀の細いリボン状のものを使う技法

【サギング】
穴のあいたモールドの上に板ガラスを乗せて、電気炉で加熱することにより柔らかくなったガラスがその穴に落ちていき成形する技法

<下の3枚の画像はクリックすると拡大します>
 

NEW

  • 塚原梢 酒器 花 (ガラス胎七宝)

  • 販売価格

    29,700円(税込)

  • 購入数

カートに入れる(大)
  • 【塚原梢】
    1986 神奈川県にて生まれる
    2007 女子美術大学短期大学部 金工専攻 卒業
    2010 武蔵野美術大学 工芸工業デザイン学科 ガラス専攻 卒業
       武蔵野美術大学 ガラス研究室 教務補助員勤務 
    2014 金沢卯辰山工芸工房 修了

     

  • 【ガラス作品・お取り扱いの注意】
    ガラスは柔らかいスポンジで洗い、すぐ布で水分を拭き取ってください。濡れたまま乾かしますと水垢が付きます。
    強い衝撃を与えたり、熱湯を注いたり、電子レンジや食器洗浄機でのご使用はお避け下さい。

     

関連商品

Contents

Category