ガラス作品でライフスタイルを提案しているショップ、全国のガラス作家の各種作品、器、アクセサリーなどを販売
Glass Gallery SUMITO
トップページ ガラス工芸 作家作品 店舗紹介 ご利用ガイド お問合わせ

*代金22,000円(税込)以上お買上げで送料無料(諸経費の高騰により、変更いたしました)

ご注文に関しましてのご留意
ご購入作品をカートに入れた際バリエーションを全て選択してください。という表示が出ますので、サイズをクリックください。

*ご注文の際【今回ご注文分のポイントが利用できるようになります】という表記が出ますが
当ギャラリーではポイント利用はしておりません。紛らわしい表記で申し訳ございませんがご理解の程よろしくお願いいたします。


*左の欄に(特集~いろいろ~)を新設いたしました。クリスマスや干支、動物などいろいろな特集をご用意いたしましたので
是非ご覧いただければと思います。よろしくお願いいたします。

    HOME»  オブジェ・ガラスアート・マーブル»  松原幸子 book of the tree S

    松原幸子 book of the tree S

    本のなかに、木立の景色のガラスのオブジェを閉じ込めた素敵な作品です。

    ガラスのオブジェには木々の癒しの景色が描かれています。






    ガラスのオブジェは箱にきつく入っていますが、取り出すこともできます。
    オブジェはガラス板にフィルムを貼り、何枚も重ね積層にしたオブジェです。
    写真を印刷したフィルムが使われていますので、強い光や高温の場所に長期間置くことは色の劣化を招きます恐れがありますのでご注意ください。

    本の形の箱も手作りで、表紙や中の柄・ラベルなどもどれも素敵で、丁寧に装丁されています。

    箱サイズ:幅83×奥行127×高さ32mm
     



    【作家の作品への思い】
    空のガラスにあわせ、ひとつひとつ箱もつくっています。
    「ごがつのそら」を創り出したときから、いつか形にしたいと思っていました。
    大切な物語のように一冊の本のなかに閉じ込める。ふとした時にそっと開く。
    忙しい日々のなかでも空はいつでもそこにあります。眠れない夜でも樹々はいつでも囁きかけています。
    その空はあなたの子供時代へとつながり、その樹々は幼い時聞いた子守唄をうたっている、そしてあなたはきっと大切な何かを思い出すでしょう。
    そっと閉じて、また開かれる日まで。



    [松原幸子さんの作品はこちら]

    <下の3枚の画像はクリックすると拡大します>
     

    • 松原幸子 book of the tree S

    • 販売価格

      22,000円(税込)

    • サイズ

    • 購入数

    カートに入れる(大)
    • 松原幸子
      1979年 茨城県生まれ
      2003年 多摩美術大学美術学部工芸学科ガラスコース卒業
            あづみ野ガラス工房参加(~2008)
      2008年 フリーで制作をはじめる
      展示歴
      2003年 安曇野の初夏のガラス展 /びいどろ家 愛知県
      2004年 松原幸子 GLASS WORKS 2004 個展 /寺沢邸 神奈川県
      2005年 あづみ野ガラス工房20周年記念展 /安曇野市豊科近代美術館 長野県安曇野市
            ART-EAT-CRAFT exhibition /Mejiro Open gallery 東京都
           2006年 女流ガラス作家二人展/池袋三越 東京都
      2007年  山ぼん長ぼん工芸展/安曇野市豊科近代美術館 長野県安曇野市
               2008年 松原 幸子 GLASS WORKS 5years in Azumino /Restチロル 長野県安曇野市
      積層のガラス展 /ギャラリーシュタイネ 長野県安曇野市
                  2009年 Life with art -style1- /GALLERY龍屋 愛知県
            public collection / others
      「ちいさいいえ」  2007/東京ミッドタウン  ガラスコレクション
      「Light passes the space」   2010/京橋個人ビル エントランス
      「voyage」 「composition」 「植物図鑑」    2010/安曇野赤十字病院 
       

    関連商品